1. 音環境編 - 通りに面している住戸の音が気になります。うるさくないのでしょうか?

Answer

弊社では、音響の専門業者による現地での騒音調査を行っております。調査結果に基づき、適切な防音サッシ等を採用することにより、遮音性能に優れた快適な室内環境を実現しています。

2. 災害への強さ編 - 東海・東南海地震や、台風や大雨による水害など、災害への強さが気になります。

Answer

1. 地震ハザードマップ(震度)

「あらゆる可能性を考慮した最大クラスの地震が発生した場合」の震度は、揺れの激しい地域では震度6強が想定されているなか、プラセシオン千種谷口の立地は震度6弱が想定されています。

2. 地震ハザードマップ(液状化)

「あらゆる可能性を考慮した最大クラスの地震が発生した場合」の液状化の可能性については、可能性が高い、可能性があると予想されている地域があるなか、プラセシオン千種谷口の立地は液状化発生の可能性が低いと想定されています。

3. 洪水・内水ハザードマップ(大雨による浸水)

プラセシオン千種谷口は東部丘陵へ繋がる標高15mの台地上に立地しています。1m未満の浸水が予想されているエリアもある中、東海豪雨並みの大雨が降った場合でも洪水・内水はん濫のない安心なエリアです。

3. 前面建物編 - 将来マンションの南側に、高い建物が建たないか心配なのですが、陽当りや眺望は大丈夫でしょうか?

Answer

建設地の南隣接地では現在平屋建ての店舗が建っています。将来のことは予測不可能ですが、建て替えなどをなさる場合の建物について、敷地の形状や広さから、建物計画を推定した場合、3階建て(高さは10m程度)が一般的だと考えられます。
将来的にも高い建物が建ちにくい敷地条件。陽当りや眺望・開放感が心地よい暮らしをお届けします。

■ 敷地レイアウトと周辺建物との関係

現地の隣接地は全て3階建以下。視界を遮るものがない好条件です。